【大学野球】国学院大の代打・青木寿修がサヨナラ打で駒大に逆転勝ち

スポーツ報知
9回2死一、二塁、左越えに逆転サヨナラ勝ちを決める2点二塁打を放った国学院大の代打・青木寿修

◆東都大学野球 秋季リーグ戦第3週第2日▽国学院大3X―2駒大(4日・神宮)

 力強く拳を握りしめた。国学院大は2点を追う9回、打線がつながり1点差まで追いつくと、1死一、二塁から代打・青木寿修外野手(3年=国学院栃木)が左中間へ逆転サヨナラ適時二塁打を放った。「イメージ通りに打てました」。駒大を下し、4勝2敗で亜大と並び首位に立った。

 悔しさを力に変えた。青木は春のリーグ戦で打率.286をマーク。それでも鳥山泰孝監督からは「今の打撃じゃ、レギュラーには認めない」とチーム全体のミーティングで活を入れられた。「そこでもう一段、気合が入りました。このままじゃだめだなと」。スイングの軌道を意識するように心がけ、夏場はバットを振り続けた。この日はスタメンを外れたが、悔しい気持ちを一打に込めた。

 8回には指揮官から「真っすぐに振り負けないようにしろ」と言葉をもらい、狙い通りの直球をとらえた。「うれしかったです。練習していた甲斐がありました」と笑顔で勝利をかみしめた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請