【中京11R・ポートアイランドS】プリンスリターンがオープン2連勝 加用調教師はJRA通算600勝

スポーツ報知
ポートアイランドSで勝利したプリンスリターンと松山弘平騎手(カメラ・水納 愛美)

 10月3日の中京11R・ポートアイランドS(3歳以上オープン、芝1600メートル=16頭立て)は、4番人気のプリンスリターン(牡4歳、栗東・加用正厩舎、父ストロングリターン)が8月の小倉日経オープンに続きオープン2連勝を果たした。勝ち時計は1分32秒6(良)。

 道中は6番手に控えて追走。直線半ばでぐっと伸びて抜け出し、外から迫る2着のルークズネストに首差で競り勝った。

 松山弘平騎手は「中京のコースもしっかり対応して、いい流れでした。少しじりっぽいところがあると聞いていたので、早めに自分から動きました。しっかり押し切ってくれて、強い競馬ができました。これからが楽しみな馬です」と期待を示した。

 管理する加用調教師は「3歳の時から、走る能力はあると思った。オープン2連勝はなかなかできない。今日はうまく松山が持ち味をフルに出してくれた」とコンビをたたえた。

 このレースでJRA通算600勝を達成となった加用師は、節目のVに「これまでずっと支援していただいた馬主さん、生産者の方のおかげです。そして、厩舎のスタッフが、厩舎のために一生懸命に働いてきた積み重ねで、600勝という目標に到達できたと思います」とコメントした。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×