岸田文雄氏、注目される「メガネ首相の短命政権ジンクス」在職平均597日 メガネなしは1133日

スポーツ報知
岸田前政調会長(代表撮影)

 4日に召集される臨時国会で、第100代内閣総理大臣に選出されることが確実な自民党の岸田文雄総裁(64)のトレードマークといえば「メガネ」。デンマークのブランド「リンドバーグ」を愛用している岸田氏は最近、レンズの形を変えるなど、強いこだわりを持っている。ただ、過去の歴史を見ると“メガネ首相”は短命の傾向にあるというデータが。2007~08年の福田康夫元首相以来、13年ぶりとなる岸田氏の運命は…。(高柳 哲人)

 外相時代の2015年に「メガネベストドレッサー賞」の政界部門を受賞するなど、政界を代表する「メガネ男子」の岸田氏。それだけに、使用するメガネへのこだわりも相当だ。総裁選前の9月12日に生放送されたYouTubeチャンネルでは、支持者からの質問に「長い間、同じ店に通って選んでいます。細いフレームが好きで、同じようなデザインを10本近く持っています」と明かした。

 使用するデンマークの「リンドバーグ」は軽さや薄さ、心地良さなどの基本性能を追求したブランドで、ブラッド・ピットやメリル・ストリープなどのハリウッドスターから韓国の文在寅大統領まで世界中のセレブが愛用。日本では、亡くなった志村けんさんが使っていたことで知られる。

 岸田氏によると「(レンズの)縦横の比率で、顔のイメージがずいぶん変わる」。そのため「似たデザインでも、最近は縦の割合を伸ばしたものをかけています。縦を伸ばすと、表情が柔らかくなるので」。首相就任に向けて「モデルチェンジ」を工夫しているようだ。

 だが、実はメガネをかけた首相は、かけてない首相と比べて、平均すると在任期間が短い傾向がある。時と場合に応じてメガネをかける人もいるため、首相官邸ホームページの写真でメガネをかけているかどうかで分けると、自民党結党(1955年)以降の首相でメガネをかけているのは岸田氏の前まで7人。その平均在職日数は597日となる。

 一方、自民党所属で「メガネなし」の首相の平均は、1133日と倍近くに。6人いる自民党以外の首相を加えても平均919日で、明らかにメガネをかけている方が短命だ。

 “メガネ首相”で最も長期間にわたって首相を務めたのは、岸田派の源流となる宏池会を旗揚げした池田勇人元首相の1575日。岸田氏は同郷でもある池田氏を尊敬する政治家として挙げている。池田氏に続き、長期政権を築くことができるか注目が集まる。

早大出身にも短命政権の傾向が…

 「メガネ」と並んで「ワセダ短命ジンクス」も存在する。

 岸田氏は早大法学部卒。就任すれば、自民党首相の早大出身者は石橋湛山、竹下登、海部俊樹、小渕恵三、森喜朗、福田康夫の各氏に続いて7人目に。東大の6人を上回って出身大学別では“過去最大派閥”となる。ただ、過去6人の在職日数は最多でも海部氏の818日にとどまり、平均で約471日。岸田氏が3回落ちた東大の首相平均は約1324日で大差がついている。ちなみに、早大創設者の大隈重信の首相在職日数は1040日。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請