村上茉愛「体操人生最後になるかもしれない」 世界体操で完全燃焼誓う…

スポーツ報知
村上茉愛

 体操世界選手権(18日開幕、北九州)代表の村上茉愛(日体ク)が2日、大会中継局のテレビ朝日主催のオンライン会見に出席。「人生で最高の1分30秒」をテーマに掲げた。1分30秒は、得意とする床運動の演技時間。「五輪を集大成としていた中で、世界体操まで目指していこうとなった。毎試合全力で目標を達成するけど、体操人生最後になるかもしれない。(競技歴の)20年間、全ての思いを入れられたらいい」と力を込めた。

 今夏の東京五輪では、種目別床運動で銅メダル。日本女子で、初めて個人種目の表彰台に立った。「五輪メダリストとしての演技するのは初めて。五輪のメダリストとして、挑まないといけない。恥がないように、五輪の演技に近づけられたらいい」と背筋を伸ばした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請