【凱旋門賞】海外競馬通・成田幸穂の予想…重視すべきは性別とガリレオ血脈

スポーツ報知

 豪華メンバーがそろった第100回凱旋門賞。筆者は2つの要素を重視した。ひとつは性別で、牝馬が過去10年で7勝。もうひとつは血統で、大種牡馬ガリレオの血を持つ馬が5連勝中。今回、牝馬でガリレオ血脈を内包するのはスノーフォールとラブだ。

 本命はスノーフォールとした。道悪の英オークスを16馬身差で圧勝。他馬が失速する中、残り400メートルから200メートルにかけて11秒52の速いラップを刻んで加速する姿を見て、凱旋門賞に出走してくれば本命にしようと決めていた。父ディープインパクト、母の父ガリレオによる日本と欧州の最強サイアータッグ。伯母に凱旋門賞馬ファウンドがいる血統背景も申し分なし。

 昨年の欧州最優秀3歳牝馬で、英国牝馬2冠を制したラブは父がガリレオ。鞍上に凱旋門賞最多6勝のデットーリ騎手を配したことも買い材料で、道悪をこなせば脅威となる。

 以下タルナワ、クロノジェネシス、アダイヤー、ハリケーンレーン、ディープボンドも差がなく続く。印を打ち過ぎているので控えたが、名手・武豊が手綱を取るブルームの走りも楽しみにしている。

【成田幸穂の予想】

◎スノーフォール
〇ラブ
▲タルナワ
△クロノジェネシス
△アダイヤー
△ハリケーンレーン
△ディープボンド

◆成田幸穂(なりた・さちほ) 1984年8月8日、東京生まれ。(株)サラブレッド血統センター所属。週刊競馬ブック連載「海外競馬ニュース」の編集を担当。同誌のほか、研究ニュースで予想コラム「血統アカデミー」を執筆中。10月3日(日)22時30分から放送されるラジオNIKKEI第1「凱旋門賞実況中継」に出演予定。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請