大阪八尾、決めた!2ランスクイズで代表切符ゲット!!…第51回関西秋季大会大阪中央支部予選

スポーツ報知
7回1死満塁、高安のスクイズで二塁走者・高橋も生還し喜ぶ大阪八尾ナイン

◆第51回関西秋季大会大阪中央支部予選 ◇中学生の部▽代表決定戦 大阪八尾ボーイズ6-3羽曳野ボーイズ(25日・グレープヒルスポーツ公園野球場)

 関西ブロック各支部で代表決定戦が行われ、出場チームが続々と決まった。大阪中央支部では、最終7回に打線がつながった大阪八尾ボーイズと、投打がかみ合った松原ボーイズ、第3代表決定戦を制した羽曳野ボーイズが代表切符を獲得。

 その言葉が、大阪八尾ナインを奮い立たせた。1点を追う6回に万ノの適時打で追いつき、7回は1死満塁から高安のスクイズで三塁走者・藤本に続き、二塁走者・高橋主将も生還。鮮やかな2ランスクイズで決勝点を奪い、ベンチでは「ヤ・サマ」の声が響いた。

 実は、東京パラリンピック女子車いす陸上競技に出場したタチアナ・マクファーデン選手のモットーが「ya sama(ヤ・サマ)」。ロシア語で「私にはできる」を意味する。生まれつき下半身不随の彼女は、この言葉を支えに数々の逆境を乗り越え、これに感銘した大阪八尾が今年のチームテーマに掲げた。

 初回3失点した先発・高橋が立ち直り、2番手・坂部も「絶対勝って(本戦の)淡路島にいこう」と2回以降は無安打リレー。逆転劇で本戦出場を決め「タイガースカップへ一戦必勝。自分ができることをしっかりやる。『ヤ・サマ』の精神で」と高安。高橋主将も「チームの目標は全国優勝。一試合一試合頑張っていきたい」と誓った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請