【日本ハム】現役引退表明の斎藤佑樹が取材対応「今年1年で結果が出なかったら、という思いでやってきた」

スポーツ報知
現役引退を決意した斎藤佑樹

 今季限りでの現役引退が発表された日本ハム・斎藤佑樹投手(33)が1日、千葉・鎌ケ谷市内の球団2軍施設で報道陣の取材に応じ、引退を決断した理由について「一番は体のこと。去年、肘をけがした時に、今年1年で結果が出なかったら、という思いでやっていたので」などと明かした。

 一問一答は以下の通り。

 ―現在の心境は?

 「本当にいろんな思いがあるんですけど、一番はファイターズというチームで11年間、いろいろなこともありましたけど、最高の仲間と一緒にプレーできたことがとても幸せだなという気持ちが今、あります」

 ―決断はいつ?

 「僕の中ではずっと思ってはいたんですけど、最終的にはきょう、吉村GMとチームメートにお伝えして、という感じですね」

 ―栗山監督にはどんな報告を?

 「監督には、今までありがとうございました、と伝えました。監督から? 僕の心にとどめておきたいんですけど、お疲れさまと言われました」

 ―誰に一番相談した?

 「本当にいろんな人に相談しましたし、頼る人はファイターズにたくさんいたので。本当にいろんな悩みとか愚痴とかも聞いてもらったんですけど、最終的な決断は自分でしました」

 ―最大の理由は?

 「一番は体のことですかね。今に始まったことじゃないんですけど、去年、肘をけがした時に、今年1年で結果が出なかったら、という思いでやってきたので。それが一番かなと思います」

 ―体がついてこなかった?

 「そうですね。今に始まったことじゃないんですけど、それが大きいです」

 ―今後について

 「とにかく、ここまで自分の体と向き合いながら、結果を残すことを意識してやっていたので、今すぐ何かということはまだ考えてないんですけど、やっぱりファイターズだったり、自分が今まで育った環境に恩返しがしたいなと思います。これからいろいろと相談しながら考えたいなと思います」

 ―自身にとって野球とは?

 「小学校1年生から野球を始めて、今に至るまで野球でつながった人がたくさんいますし。そのおかげで、こうやって今、幸せな気持ちでこの場に立っていられるので。そういうことを作り上げてくれた、僕の大事なスポーツです」

 ―けがはどこが大きかった?

 「細かいことをあげればキリがないんですけど、どこかというのじゃないですね。肘も肩も股関節も腰も全部ですね。今、どこか1個治るなら、と言われてもそれは難しいと思います」

 ―葛藤はあった?

 「葛藤はもちろんありましたけど、決めたからにはファイターズを応援するということしか考えてないです」

 ―ファイターズでの一番の思い出は?

 「それは正式な記者会見までに考えておきます」

 ―今の率直な心境は?

 「今はあまり実感が沸いてないというか、自分で決めたことなので何とも言えないですけど。でも、こうやって決めた以上はさっきも言いましたけど、前だけを見て進んでいこうかなと思います」

 ―ここ数年はコンディションが整わずに苦しい時期を過ごしていた。引退を表明してホッとした?

 「まだホッとはしてないですね」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請