小池百合子都知事、緊急事態宣言解除に気を引き締める「今はコロナをしっかりと抑え込む期間」

スポーツ報知
定例会見を行った小池百合子知事

 東京都の小池百合子知事は1日、都庁で定例会見を行い、19都道府県に発令していた緊急事態宣言が解除されたことに対し、「今日からはリバウンド防止期間」と述べ、感染対策が緩む危険性を指摘して注意喚起を徹底した。

 東京都は専門家を交えた30日のモニタリング会議で、都内の感染状況を示す警戒レベルを、4段階中2番目に深刻な「レベル3」に位置づけた。レベルが引き下げられたのは、昨年11月以来約10か月ぶり。小池氏はこの日の会見で「解除という言葉が先立つことで、対策の手が緩んでしまい感染拡大する懸念がある」とした上で、「今はコロナをしっかりと抑え込む期間」と強調した。

 解除に伴い、都が認証店として認めた店舗では、午後8時までの酒類の提供が可能になる。小池氏は「お店の方だけではなく、利用者の方ともタッグを組んで、感染しない行動を徹底して欲しい。それが安心な空間を呼ぶことにつながる」と述べた。

 

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請