延期の重量挙げ全日本選手権が11月開催へ…新潟・津南町で

スポーツ報知
東京五輪で銅メダルを獲得した安藤

 日本ウエイトリフティング協会は1日、21年全日本選手権を11月20~23日に新潟・津南町で開催すると発表した。今年5月に開催予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で延期となっていた。

 試合会場は、ニュー・グリンピア津南体育館を使用する。同所では、昨年12月に20年全日本選手権を開催した実績がある。宿泊施設が併設されており、外部との接触を遮断する「バブル方式」を形成しやすい。昨年も、感染者を出さずに無事大会を終えている。

 今夏の東京五輪では、女子59キロ級の安藤美希子(FAコンサルティング)が銅メダルを獲得。男子も61キロ級の糸数陽一(警視庁)は2大会連続の4位入賞。67キロ級の近内三孝(日大職)、73キロの宮本昌典(東京国際大職)はともに7位で初の入賞を果たすなど、好成績を収めた。また、16年リオ大会銅メダルの三宅宏実(いちご)も、有終となる5大会連続出場を飾った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請