室伏広治長官が就任1年、SNSでの選手への誹謗中傷「決して許されない」と撲滅に意欲

スポーツ報知
室伏広治長官

 スポーツ庁の室伏広治長官が就任からちょうど1年となった1日、都内で会見した。

 東京五輪・パラリンピックについては「コロナ禍の中で創意工夫をこらしながら無事開催できたのは喜ばしいこと」と改めて振り返った上で「アーバンスポーツやサーフィンなど新しいスポーツが価値として残ったことは大変大きい。まだまだスポーツは奥深い」と話した。

 一方で、大会中に頻発したSNSにおける選手への誹謗中傷を憂慮した。「決して許されるものではない。アスリートが安心して打ち込める環境整備に取り組みたい」と、これまでも行ってきた啓発活動を継続し、同様の行為撲滅に注力していく考えを示した。

 また、勝利至上主義に基づく暴力を伴う指導、不条理な指導についても「許されるものではない」と厳しく断じ「根絶に徹底的に取り組む」と力説した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請