井上康生監督、鈴木桂治新監督にエール「度胸や先見の明がある。カラーを前面に出したチームづくりを」

スポーツ報知
オンラインで退任を報告した井上康生監督

 東京五輪で史上最多の金メダル5個に導いた柔道男子日本代表の井上康生監督(43)が2期9年の任期を終えた30日、オンラインで退任会見を行った。「失敗や挫折を含めて貴重な経験をさせてもらった」と周囲に感謝し、「終わりという言葉がどうしても当てはまらない。柔道ライフ、人生において道半ば。まだまだ頑張ろうという感じです」と率直な心境を語った。

 10月から全日本柔道連盟(全柔連)の強化副委員長に就任し、鈴木桂治新監督(41)を支える。鈴木氏は井上体制の継承を打ち出しているが「度胸や先見の明があり、私にはないたくさんの力を持っている。鈴木カラーを前面に出したチームづくりを」とエール。自身も課題としていた最重量級の復権も「成し遂げてくれると思う」と期待した。

 今後は競技の普及や発信を担う全柔連の新設委員会の委員長にも就くなど活動の幅を広げていく。「微々たるものでも力をしっかり注ぎ、柔道が世の中に価値あるものであると言ってもらえるような環境を作っていきたい」と決意を新たにした。(林 直史)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請