【凱旋門賞】クロノジェネシスは14番ゲート、ディープボンドは5番ゲートから頂点狙う 

スポーツ報知
14番ゲートに決まったクロノジェネシス

 第100回凱旋門賞・G1(10月3日、仏パリロンシャン競馬場・芝2400メートル)に出走する馬の馬番、ゲート番、および騎手が9月30日、確定した。

 日本馬のクロノジェネシス(牝5歳、栗東・斉藤崇史厩舎、父バゴ)は14番ゲート、ディープボンド(牡4歳、栗東・大久保龍志厩舎、父キズナ)は5番ゲートから日本調教馬初の悲願達成を狙う。日本生まれのディープインパクト産駒スノーフォール(牝3歳、愛国・Aオブライエン厩舎)は9番ゲートに決まった。

発走は10月3日の日本時間午後11時5分。

 決定したゲート順は以下の通り。馬番、ゲート番、馬名、騎手、斤量(キロ)の順。

 ◆第100回凱旋門賞・G1(10月3日、仏パリロンシャン競馬場・芝2400メートル)

(1) (12)トルカータータッソ R・ピューヒュレク 59・5

(2) (5)ディープボンド    M・バルザローナ  59・5

(3) (7)ブルーム       武 豊       59・5

(4) (3)タルナワ       C・スミヨン    58

(5) (4)ラブ         L・デットーリ   58

(6) (15)ラービアー     C・デムーロ    58

(7) (14)クロノジェネシス  O・マーフィー   58

(8) (1)モジョスター     R・ライアン    56・5

(9) (13)ベイビーライダー  I・メンディザバル 56・5

(10)(11)アダイヤー     W・ビュイック   56・5

(11)(2)ハリケーンレーン   J・ドイル     56・5

(12)(10)シリウェイ     F・ブロンドル   56・5

(13)(8)アレンカー      T・マーカンド   56・5

(14)(6)バブルギフト     G・モッセ     56・5

(15)(9)スノーフォール    R・ムーア     55

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請