生駒、堅実に得点を重ね初の栄冠を獲得!…第13回関西さわやか大会

スポーツ報知
大会初制覇を果たして晴れやかな表情の生駒ナイン

◆第13回関西さわやか大会 ◇中学1年生の部▽決勝 生駒ボーイズ5-2西淀ボーイズ (25日・富田林バファローズスタジアム)

 「第13回関西さわやか大会」(報知新聞社など主催)の決勝が25日行われ、生駒ボーイズ(奈良県支部)が優勝した。中盤以降、堅実に得点を重ね初の栄冠を獲得した。西淀ボーイズ(大阪北支部)は頂点にあと一歩、届かなかった。

 生駒・岡田は、最後の打者を空振り三振に仕留めた。ナインの顔に心からの笑顔が浮かぶ。声を枯らして仲間にゲキを送り続けた松本主将は、「うれしいという言葉しかない。追い込まれても最後は勝てると信じていた」と喜びをかみ締めた。

 主砲のバットが勝利への扉を開いた。初回、四球で出た谷口が二盗に成功。2死後、4番・藤田の右前打で先制した。4回には1死から左中間に三塁打。続く松本の左犠飛でチーム2点目のホームを踏んだ。勢いに乗った打線は5回、岡田の適時打などで2得点。さらに6回にも園田の適時打で5点目を挙げ、西淀を突き放した。

 準決勝の6回にも藤田は魅せた。先頭で左中間に二塁打を放ち、反撃のチャンスを演出。1死後、井上の中前打で同点のホームを踏むと、延長7回には岡田の右前適時打で勝ち越した後、ランニングホームランで2点を加えた。「不調だったから打てて良かった。3年生の監督にタイミングの取り方でアドバイスをもらった」と、打のヒーローは笑顔を輝かせた。

 決勝で先発し4回1失点の馬原は「公式戦を全部勝ちたい」と大きな目標を披露。藤田も「ジャイアンツカップで優勝したい」と日本一を見据えた。この勝利で自信を得たナインが、常勝軍団への歩みを進める。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請