Jリーグに複数の通報…鳥栖・金明輝監督のパワハラ疑惑をリーグ主導で徹底調査へ

スポーツ報知
鳥栖・金明輝監督

 J1鳥栖の金明輝監督に暴力や暴言、パワーハラスメント行為が常態化している疑惑が浮上している問題で、Jリーグは28日、リーグ主導で本格的な調査を行うことを明らかにした。

 調査期間は約2か月間を予定しており、リーグから委託を受けた弁護士団が選手・スタッフやクラブ上層部、金監督本人らへ聞き取り調査を行う見通し。クラブには27日に通達した。

 オンラインで会見したJリーグ内部監査室・コンプライアンス法務室の萩原和之室長は「双方の言い分をバランスよく聞くため」とし、「(通報は)ひとつではなく、複数からあった。(クラブがリーグに報告した)足払いの件以外にも、過去にさかのぼる部分も含め、様々な声が聞こえてきた。我々がしっかり調査をしないと、クラブを取り巻く状況を解明できないだろうと考えた」などと述べた。

 金監督は、選手に対して足払いを行ったとして7月9日にクラブから3試合の指揮停止処分を受けた。クラブは処分発表後の同26日に第三者委員会を設置。選手らへ聞き取り調査を行い、追加処分の必要性なしと断定したが、調査が不十分だったとして、8月に日本サッカー協会の「暴力等根絶相談窓口」に文書による告発があったことがスポーツ報知の取材で明らかになった。その告発文の提出に前後して、複数の通報が同窓口などに届けられていたとみられる。

 リーグ側は金監督の言動を調査すると同時に、クラブが行った調査が正当なものだったか、クラブ幹部の対応に問題がなかったかについても調査を進める。

 Jリーグによるハラスメント行為の直接的な調査は、2019年に湘南監督(当時)のパワハラ行為を認定して以来、2例目。当時は4人の弁護士で構成された調査チームが選手・スタッフら総勢60人程度にヒアリング調査を行い、複数の言動がハラスメントとして認定された。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請