嵐の櫻井翔と相葉雅紀が電撃結婚を同時発表 ともに一般女性と

スポーツ報知
一般女性との結婚を発表した櫻井翔、相葉雅紀

 嵐の櫻井翔(39)と相葉雅紀(38)が電撃結婚したことが28日、明らかになった。所属するジャニーズ事務所が同時発表した。共に相手は一般女性で、関係者によると、2人はすでに婚姻届は提出しており、相手の女性はともに妊娠していないという。同グループでは、2019年11月に結婚した二宮和也(38)に続いての結婚。挙式や披露宴は未定だという。

 日本中に衝撃が走る電撃ダブル婚となった。嵐の櫻井と相葉は、事務所の公式サイトでそれぞれメッセージを寄せた。

 ともに「いつも応援してくださる皆様へ」というタイトルで、櫻井は「この度、私櫻井翔は結婚致しましたことをご報告申し上げます」とつづり、「これまでファンの皆さま、関係者の皆さまをはじめとする沢山の方々の支えがあり、今日まで活動して来られました。改めて心より感謝申し上げます。これからも応援して頂けるよう、自分のやるべきことに真摯(しんし)に向き合い、精一杯取り組んで参ります」とし、「今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます」と締めた。

 相葉も「私事で恐縮ではございますが、この度、相葉雅紀は結婚させて頂くことになりました」と報告。「日々、状況が変化していく中で、それでも頑張れる場を頂き、そしてお仕事をさせて頂けていますのも、日頃から応援してくださるファンの皆さまと関係者の皆さまのおかげです。本当にいつもありがとうございます」と謝辞を述べ、「これからの人生も、皆さまと共に一生懸命生きていこうと思います。今後ともご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い致します」とつづった。

 ともに相手の詳細については触れなかったが、櫻井の相手の30代の一般女性は、慶大時代の同級生で元テレビ局員。交際期間は2年以上で、知り合って約20年の旧知の間柄。週刊誌では、20年1月にベトナムやハワイ旅行の様子が報じられるなどしていた。

 一方、相葉は、関西出身の30代一般女性と約10年間の交際を実らせた。17年12月には同せいが取りざたされるなど、結婚目前とささやかれていた。

 2人は、今夏に「NHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター」として、開会式などの特集番組や特設スタジオからの出演など“NHK五輪の顔”としてフル稼働。大役を全うしたタイミングで、「大安」のこの日に事務所史上初という“同時結婚発表”を実現させた。相葉は、10月からテレビ朝日系主演ドラマ「和田家の男たち」(金曜・後11時15分)がスタートする。櫻井は、10月4日に日本テレビ系「news zero」(月曜・後11時)で生出演する予定で、幸せいっぱいの報告を聞くことができそうだ。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請