橋本聖子会長が五輪パラを総括「大会の感染対策は機能。必要な役割果たせた」

スポーツ報知
橋本聖子会長

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の理事会が28日に都内で開かれ、橋本聖子会長が冒頭であいさつした。

 コロナ禍による延期、そして原則無観客という異例の事態を乗り越えてのオリパラ開催となったが、会長は「五輪は6割、パラは7割の方が開催してよかったと回答してくださった」と世論調査の数字を示しながら、各方面への感謝の意を表した。

 この日はコロナ対策の専門家会議も開かれ、大会中の感染状況などを改めてチェックした。「結論として大会の感染対策は機能し、コロナ禍のもとでの最初の世界的イベントとして、コロナと戦いつつ社会の営みを継続する一つのモデルを示すことが出来たのではないか。組織委も安心安全の大会を実施する意味では、必要な役割を果たせた」とまとめた。

 一方、食料や医療資材の廃棄の問題や、直前に無観客になるなど、運営面の課題も噴出した。「当初の計画と大きく異なることもあり、影響を受けた都民、国民への皆様への説明が重要。支出や経費についても今後しっかりと精査し、説明責任を果たす必要がある」と、述べた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請