【巨人】身長2メートルの新人・秋広優人、逆転Vへ1軍昇格 ナゴヤで“坂本伝説”再現だ

スポーツ報知
1軍と共に名古屋入りした秋広は、カメラに向かい全力プレーを約束した

 巨人のドラフト5位ルーキー・秋広優人内野手(19)が、28日の中日戦(バンテリンD)から1軍登録される見込みであることが27日、分かった。自力優勝の可能性は消滅したが、逆転Vに向けた新たな起爆剤として期待される。シーズン終盤で逆転優勝を成し遂げた07年には、中日との天王山で同じ高卒ルーキーの坂本勇人がプロ初安打となる決勝打を放った。14年後、同じ名古屋でニューヒーローが名乗りを上げる。

 巨人の秘密兵器が、ついにベールを脱ぐ。ドラフト5位の高卒新人・秋広が、28日からの中日3連戦に向けて名古屋入りした。登録抹消となったハイネマンに代わり、1軍登録される見込み。26日の阪神戦(東京D)に敗れて自力優勝の可能性は消滅したが、逆転優勝の起爆剤になり得る男だ。

 秋広は身長2メートルと恵まれた体格で、柔らかなバットさばきから広角に飛距離が出る。長嶋茂雄終身名誉監督が「無限の可能性を感じた」と絶賛するなど将来の左の大砲と期待される逸材は、2月のキャンプ途中から1軍に抜てきされ、オープン戦にも同行。開幕直前でメンバーから外れたものの、その後は阿部2軍監督の下でみっちり特訓を重ねてきた。

 ファームの4番を任され、出場80試合で打率2割2分9厘、8本塁打、24打点。春先はプロの球に苦戦するも、9月に入って3本塁打と力を見せ始めている。9月16日のイースタン・楽天戦(G球場)では涌井からソロを放ち、「涌井さんから打てたことで自信になります」と話していた。

 キャプテンが歩んだスター街道の一歩目と重なる。07年は中日、阪神と三つどもえで優勝争いが繰り広げられる中、高卒ルーキーの坂本が大仕事をした。9月6日の中日戦(ナゴヤD)。延長12回2死満塁から代打で登場すると、中前へ2点適時打。プロ初安打が、天王山勝ち越しを決める決勝打となった。その3日後に自力Vが消滅したが、フレッシュマンがもたらした勢いから再び押し返し、レギュラーシーズンラスト2戦というところで優勝を決めた。

 岡本和もルーキーイヤーの15年終盤に1軍昇格し、通算3打席目でプロ初本塁打を放っている。若き日の坂本も岡本和も、チャンスをモノする勝負強さを備えていた。今年4月に1軍メンバーに新型コロナ陽性者が出た際、一時的に1軍登録された秋広だったが、出場機会はなかった。今回は、戦力と見込まれての昇格。デビューの爪痕が大きければ大きいほど、チームは勢いづくはずだ。

 ◆今季の秋広

 ▽2月1日 キャンプ2軍スタート

 ▽同8日 プロ初実戦となる紅白戦で2安打1盗塁

 ▽同12日 1軍合流

 ▽同14日 球団の高卒新人では初めて那覇2次キャンプ参加が決定

 ▽3月1日 オープン戦1軍帯同決定

 ▽同2日 長嶋終身名誉監督と初対面。右胸にタッチされる

 ▽同3日 ヤクルトとのオープン戦に「8番・一塁」で先発。球団では松井秀喜以来28年ぶり高卒新人野手のオープン戦初戦スタメン

 ▽同19日 2軍に合流

 ▽同27日 2軍・日本ハム戦(G球場)で公式戦初本塁打

 ▽4月4日 1軍メンバーに新型コロナ陽性者が出た際、一時的に1軍登録されたが、出場機会がないまま6日に2軍へ

 ▽5月中旬 3軍に合流

 ▽6月1日 2軍に合流

 ▽同6日 丸の指導に訪れた長嶋終身名誉監督と対面。左腕をタッチされる

 ▽7月31日 1軍のエキシビションマッチに帯同し、2戦で3打数1安打

 ▽9月18日 阿部2軍監督と約1時間マンツーマンでの連続ティー打撃

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請