藤井聡太三冠、鬼門の王将リーグで白星スタート 糸谷哲郎八段に勝利「今期は上を目指す戦いに」

スポーツ報知
勝利した藤井聡太三冠(日本将棋連盟提供)

 将棋の藤井聡太三冠(19)=王位、叡王、棋聖=が27日、大阪市の関西将棋会館で行われた第71期王将戦挑戦者決定リーグ・1回戦で糸谷哲郎八段(32)に後手の82手で勝ち、渡辺明王将(37)=名人、棋王=への挑戦に向けて好スタートを切った。

 独創的な棋風を誇る糸谷とのファーストラウンド。先手番が主導権を握るケースの多い角換わりの将棋になったが、後手の藤井は果敢に先手陣を攻め立てていく。

 自玉が薄く、危険さを孕む戦いとなったが、藤井はまるで守備範囲の広い遊撃手のような玉さばきで糸谷の攻めをかわし、一気のカウンターで投了に追い込んだ。局後は「こちらの玉が薄い展開が続いて凌げるかどうかでした」と振り返りながら、今後に向け「今期は上を目指す戦いにできれば」と語った。

 藤井にとって王将リーグは鬼門とも言える舞台。一昨年はタイトル初挑戦まで残り1勝に迫ったが、最終戦で惜敗。昨年はまさかの開幕3連敗を喫し、全棋戦で初となる陥落を経験している。

 最上位棋士7人のみで構成され、3人が陥落するため棋界最難関とも称される王将リーグ。今期は順位上位者から永瀬拓矢王座、豊島将之竜王、羽生善治九段、広瀬章人八段、藤井、糸谷、近藤誠也七段が参加している。

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請