【2歳新馬評価】伸びしろ大きいサインオブサクセス、横山武史騎手「課題は多いが4角の反応良かった」

スポーツ報知
サインオブサクセス(左)

 9月25日の中山5R(芝1600メートル)は、好位から運んだ、キタサンブラック産駒のビジュノワールが直線押し切って初陣V。ルメール騎手は「長くいい脚で加速した」と高い評価を与えた。26日の中京4R(ダート1200メートル)を制したドライスタウト、同日の中京5R(芝2000メートル)のトゥーサンなど、外厩・チャンピオンヒルズで調整された馬たちが相変わらず順調に勝ち上がりを決めている。

【9月26日・中山5R、2歳新馬、芝2000メートル、良馬場=16頭立て】

◆サインオブサクセス(牡、美浦・伊藤圭三厩舎、父ハービンジャー、母セレブリティモデル、母の父キングカメハメハ)462キロ、馬主=社台レースホース、生産牧場=社台コーポレーション白老ファーム

【血統】有馬記念、天皇賞・春を勝った名ステイヤー・マンハッタンカフェ(父サンデーサイレンス)を出したサトルチェンジの系統。

【レースVTR】スタートを五分に決めると先団を見る形の7番手から。前半1000メートルが66秒3と遅い流れにもしっかりと折り合うと、直線では坂の手前から馬群を割って抜け出し、内から迫ったロードレゼルを半馬身差退けた。勝ち時計は2分4秒9。

【コメント】横山武史騎手「道中はフワフワしながらでしたが、4コーナーから反応良く動いていってくれた。レースを分かっていない感じで課題の多い馬ですがこれから良くなってくると思いますよ」

【将来性】★★★  ※ジョッキーのコメントとは裏腹に、枠入りを少し嫌がった以外はインで巧みに立ち回る優等生の競馬に見えた。伸びしろもある。

【先週の新馬勝ち上がり外厩(放牧牧場)一覧】

フルオール    ◇25日中山3Rダ1800(吉澤ステーブルEAST)

ビジュノワール  ◇25日中山5R芝1600(ノーザンファーム天栄)

アファン     ◇25日中京4Rダ1400(グリーンウッド)

ヴィルチュオーズ ◇25日中京5R芝1400(ノーザンファーム空港)

タヤスゴールド  ◇26日中山4Rダ1200(テンコーTC)

サインオブサクセス◇26日中山5R芝2000(山元TC)

ドライスタウト  ◇26日中京4Rダ1200(チャンピオンヒルズ)

トゥーサン    ◇26日中京5R芝2000(チャンピオンヒルズ)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請