【2歳新馬評価】出遅れ一気に動いてタヤスゴールド押し切りV!江田照男騎手「ポテンシャル高い」

スポーツ報知
タヤスゴールド

 9月25日の中山5R(芝1600メートル)は、好位から運んだ、キタサンブラック産駒のビジュノワールが直線押し切って初陣V。ルメール騎手は「長くいい脚で加速した」と高い評価を与えた。26日の中京4R(ダート1200メートル)を制したドライスタウト、同日の中京5R(芝2000メートル)のトゥーサンなど、外厩・チャンピオンヒルズで調整された馬たちが相変わらず順調に勝ち上がりを決めている。

【9月26日・中山4R、2歳新馬、ダート1200メートル、良馬場=16頭立て】

◆タヤスゴールド(牡、美浦・岩戸孝樹厩舎、父プリサイスエンド、母ラブレインボー、母の父フレンチデピュティ)494キロ、馬主=横瀬兼二、生産牧場=上山牧場

【血統】グロリアスノア、カフジテイク以来、しばらく重賞ウィナーが出ていない父だが、久々に雰囲気のある良駒。ミスタープロスペクターの4×5のクロス。

【レースVTR】出遅れダッシュもイマイチ。向こう正面で上がって行くと、最後の直線では1頭だけ違うスピードで一気に抜け出した。2着に3馬身半差をつける快勝。勝ち時計は1分11秒7。

【コメント】江田照男騎手「追い切りからいい動きをしていた。口向きの難しいところがあったけど、なんとかカバーしてくれた。ポテンシャルが高い馬ですね」

【将来性】★★★  ※気性の荒さを見せ、道中はやや折り合いを欠く面もあったが、消耗してバテるどころか、最後までグイグイ伸びた。落ち着きは欲しいが、強い気性は武器。

【先週の新馬勝ち上がり外厩(放牧牧場)一覧】

フルオール    ◇25日中山3Rダ1800(吉澤ステーブルEAST)

ビジュノワール  ◇25日中山5R芝1600(ノーザンファーム天栄)

アファン     ◇25日中京4Rダ1400(グリーンウッド)

ヴィルチュオーズ ◇25日中京5R芝1400(ノーザンファーム空港)

タヤスゴールド  ◇26日中山4Rダ1200(テンコーTC)

サインオブサクセス◇26日中山5R芝2000(山元TC)

ドライスタウト  ◇26日中京4Rダ1200(チャンピオンヒルズ)

トゥーサン    ◇26日中京5R芝2000(チャンピオンヒルズ)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請