元K―1王者・武居由樹が八重樫東トレーナーらと高地トレ・イベントに“参戦”

スポーツ報知
武居由樹は自身のインスタグラム(@yoshikitakei712)で高地トレーニング・イベントへの参加を明らかにした

 元K―1ワールドGPスーパーバンタム級王者でプロボクシングに転向し2連勝中の武居由樹(大橋)が27日に更新した自身のインスタグラムで、元世界3階級制覇王者・八重樫東トレーナーらとともに、高地トレーニングイベントに協力することを明らかにした。

 高地トレーニング・スタジオの「Green・Terrace」の開業1周年記念イベントとして行われる「Green・Terrace×大橋ボクシングジム コラボイベント」で、10月30日と31日の2日間(4イベント)に開催される。大橋ジムとは同じビルに入っている縁で交流が始まり、東洋太平洋&WBOアジアパシフィック・フェザー級(57・1キロ以下)王者・清水聡ら多くの大橋ジム勢が足を運んで、低酸素トレーニングを行っている。イベントでは、標高2500メートル前後と同等の低酸素空間で30分のランニング(ウオーキング、バイクマシンも可)や、高地ボクシングトレーニングとして、プロボクサー指導によるシャドーボクシング、ミット打ちなどを30分ほど行うという。

 同30日9時からの部は日本フライ級(50・8キロ以下)10位の桑原拓、15時からはアマチュア時代に国体優勝の保田克也、31日9時からはWBOアジアパシフィック・ライト級4位の清田亨(いずれも大橋)が指導に当たり、武居と八重樫トレーナーは31日15時からの部を担当する予定。詳細は同スタジオのHP、SNSなどで。

 武居は昨年12月にK―1から転向。今年3月に2017年の中日本新人王・高井一憲(中日)に初回TKO勝ちし、ボクシング・デビュー戦を飾ると、今月9日には竹田梓(高崎)にTKO勝ちし、2連勝を決めた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請