【2歳新馬評価】キタサンブラック産駒ビジュノワール、ルメール騎手「長くいい脚…能力がある」

スポーツ報知
ビジュノワール

 9月25日の中山5R(芝1600メートル)は、好位から運んだ、キタサンブラック産駒のビジュノワールが直線押し切って初陣V。ルメール騎手は「長くいい脚で加速した」と高い評価を与えた。26日の中京4R(ダート1200メートル)を制したドライスタウト、同日の中京5R(芝2000メートル)のトゥーサンなど、外厩・チャンピオンヒルズで調整された馬たちが相変わらず順調に勝ち上がりを決めている。

【9月25日・中山5R、2歳新馬、芝1600メートル、良馬場=16頭立て】

◆ビジュノワール(牝、美浦・中舘英二厩舎、父キタサンブラック、母クーデグレイス、母の父ホワイトマズル)442キロ、馬主=吉田勝己、生産牧場=ノーザンファーム

【血統】母のクーデグレイス(父ホワイトマズル)は4勝馬でローズS3着。4勝ブラックプラチナムや、3勝のグレイシア(アルテミスSは1番人気で11着)を出すなど、母としても成績を残す繁殖。一時代を築いたラブリーデイを出したグレイスルーマー(父トニービン)の牝系。

【レースVTR】道中は2番手。終始、楽な手応えで追走すると、4角手前で早くも逃げていたアメトリーチェを持ったままでかわし、早々と先頭へ出た。直線では坂を上がってからもうひと伸びして、後ろから迫ってきたビロングゴールドを寄せ付けず、1馬身3/4差をつけた。勝ち時計は1分35秒4。

【コメント】クリストフ・ルメール騎手「スピードを見せてくれて2番手で落ち着いて走れていたし、乗りやすい馬。長くいい脚で加速してくれました。能力がありそう。今は1600メートルがぴったりです」

【将来性】★★★★ ※ルメール騎手のコメント通り、一瞬の脚より持続系。前めから運びたいだけに今後もゲートは決めたい。

【先週の新馬勝ち上がり外厩(放牧牧場)一覧】

フルオール    ◇25日中山3Rダ1800(吉澤ステーブルEAST)

ビジュノワール  ◇25日中山5R芝1600(ノーザンファーム天栄)

アファン     ◇25日中京4Rダ1400(グリーンウッド)

ヴィルチュオーズ ◇25日中京5R芝1400(ノーザンファーム空港)

タヤスゴールド  ◇26日中山4Rダ1200(テンコーTC)

サインオブサクセス◇26日中山5R芝2000(山元TC)

ドライスタウト  ◇26日中京4Rダ1200(チャンピオンヒルズ)

トゥーサン    ◇26日中京5R芝2000(チャンピオンヒルズ)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請