【次回注目馬】前有利の馬場で追い込み目立ったフォーチュンテラー 鮫島克駿騎手「最後はいい脚」

スポーツ報知
JRAロゴマーク

◆フォーチュンテラー(9月26日、中京2R・2歳未勝利、ダート1800メートル=4着)

 26日の中京は最終的に芝、ダートともに不良馬場となったように、ずっと雨が降り続いていた。ダートは脚抜きのいい高速馬場に変貌を遂げ、実際にこのレースもレコード決着。当然、前が止まりづらくなり、この日のダート全6レースで勝ち馬はすべて4角4番手以内だった。

 その中で道中は無理をせずにポツンと最後方追走。「気の悪い馬。無理させると気がなくなるので、しまいに徹しました」と鮫島駿騎手は説明する。しかし、大外に持ち出された直線では確かな勢いを感じさせる脚で差を詰めてきた。十分に勝ち負けできそうな決定力の片りんは見せた。

 「最後はいい脚で追い込んできました。展開次第だと思います」と鮫島駿騎手。前走も重馬場の中で後方2番手から3着まで追い上げるなど自分のスタイルはできている。この後、良馬場で続戦となれば積極的に買いたい。(山本 武志)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請