【DeNA】松井裕樹、楠本泰史ら輩出のベイスターズジュニアが結団式 秦裕二監督「非常にわくわく」

スポーツ報知
結団式を行った横浜DeNAベイスターズジュニアチーム(球団提供)

 DeNAは26日、広島戦(横浜)終了後に、「NPB12球団ジュニアトーナメント2021」(12月28~30日・神宮、横浜)へ出場する「横浜DeNAベイスターズジュニアチーム 2021メンバー」16名の結団式を行った。

 今年は、過去最多となる申し込み約950件から1次、2次、最終と3回のセレクション(選考)を経て、16名が決定。8月末より練習を開始し、練習や練習試合を通してチームの結束力を高め、優勝に向けて活動している。

 元横浜投手の秦裕二監督は「今年のジュニアチームは、個々の意識も高く個性あふれる選手が揃っており、打撃面が期待できるなど、私自身も非常にわくわくしています。選手たちには横浜DeNAベイスターズを代表して戦うことに誇りを持って臨んでもらい、『心撃“BLUE WARRIORS”』というスローガンのもと、走攻守すべてにおいて攻め続け、本大会では応援してくださる皆さんの心を打つような感動を与える試合をしたいと思います。5年ぶりの日本一を目指して頑張りますので、皆さんぜひ熱い応援をよろしくお願いいたします!」と意気込みを口にした。

 細谷環央(たまお)主将は「ジュニアメンバーに選出されるために、これまで準備をしてきたので、実際にメンバーになることができて嬉しいです。ユニフォームを着用した時は、より一層メンバーになれた実感が湧いてきました。仲間たちと約4ヶ月の練習を共にして、ジュニアトーナメントで優勝できるよう頑張っていきます!」と気合十分。唯一の女子選手・北村菜子選手は「セレクションの中では、バッティングや守備などでミスをしてしまうこともありましたが、メンバーに選ばれたと分かった時はとても嬉しかったです。また、メンバーと練習をしていく中で、私も一員になれた実感がさらに湧いてきました。本番では、みんなで協力し、自分自身ができることを精一杯出して、優勝できるよう頑張ります!」と決意を口にした。

 過去にベイスターズジュニアからは松井(楽天)、楠本(DeNA)らプロ野球選手も輩出している。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請