【ソフトバンク】リチャードV弾「色んな人のホームラン」 王貞治会長直接指導効果出た

スポーツ報知
7回無死、リチャードが勝ち越しのソロ本塁打を放ち、雄たけびを上げる

◆パ・リーグ ソフトバンク4―1日本ハム(26日・ペイペイドーム)

 打った瞬間、一塁ベンチにアピールした。巨体を揺らし、仲間の祝福を受けたのはリチャードだ。「行くと思ったけど、ギリギリでしたね」。25日はベンチ外。2試合ぶりに先発復帰し、1―1の同点で向かった7回の打席。井口から左翼テラス席へ、勝ち越しの5号ソロを運んだ。

 「企業秘密です」と詳細は明かさなかったが、直前に小久保ヘッドコーチが頭を整理してくれた。試合前練習では王球団会長による直接指導。興味津々で聞き入ったのが、天井からつるす紙を真剣で斬った有名な話だった。来場した孫オーナーとも「ナイスホームラン」と初のグータッチ。「色んな人のホームラン。自分のじゃないです」と謙虚な姿勢を忘れなかった。

 189センチ、119キロとボディーに希望を詰め込んだような長距離砲。豪快なのは打撃だけではない。まだファームにいたある日、あまりの空腹からバナナを食べてしまい「僕、バナナアレルギーでした…」と後で思い出すかわいらしいキャラ。工藤監督も「ああいうところの一本でいい。ブンブン振って帰ってくるぐらいの方が、ちょうどいい」と成長ぶりに目を細めた。

 最大4あった借金を完済し、11日以来の勝率5割に復帰。3位・楽天に1・5ゲーム差に迫り、8年連続のCS進出も見えてきた。残り22試合。若い力が面白くする。(長田 亨)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請