【オリックス】吉田正尚が帰ってきた…「難病悪化」で引退の西浦颯大「僕のためと思って優勝してください」

スポーツ報知

◆パ・リーグ オリックス1―1楽天(26日・京セラドーム大阪)

 打席へ向かう吉田正尚に、この日一番の歓声と拍手が送られた。左太ももの負傷離脱から22日ぶりに1軍復帰し、同点の9回1死一塁に代打で登場。本拠地ファンのボルテージは最高潮となりドーム内がサヨナラ勝利の期待に包まれた。宋家豪の3球目をはじき左飛に倒れたが「非常に大きな声援で。けがをして悔しい思いをしていたので、武者震いする感覚でした」。戻ってきた喜びに浸り、感謝した。

 試合前にもう1人、強力な“援軍”が輪に加わっていた。24日に「難病悪化」を理由に引退を発表した西浦が、ベンチ前の円陣に入りゲキ。「僕のためと思って優勝してください。優勝してもらわないと困ります。さいこー!」。京セラDのビジョンにも映し出され、大きな拍手で沸いた。

 吉田正は同じ外野手として、ともに汗を流した6歳下の後輩を「あの若さで(引退決断は)苦しいだろうけど。僕らがしっかり戦って、その励みになれるなら」。グランド外でもチームを束ねる選手会長であり、一丸の決意を新たにした。

 田中将から7回に1安打と2暴投を絡めて奪った1点を計7人の継投で守りにいったが、9回に追いつかれてドロー。首位・ロッテとは3差に広がった。それでも主砲の復帰は何よりの収穫で「あとは、本人のGOサインですよね」と中嶋監督は早期の先発復帰を期待した。「こういう、しびれるゲームになってくると思う。それを勝ちきって、最後に皆と喜び合いたい」と吉田正。絶対的な存在の合流を追い風に、最後の力を振り絞る。(宮崎 尚行)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請