【広島】菊池涼介、痛恨の失策から決勝打で最下位脱出「挽回のチャンスをみんながくれた」

スポーツ報知
菊池涼介

◆JERAセ・リーグ DeNA8―10広島(26日・横浜スタジアム)

 広島が土壇場で4点を奪って逆転勝ち。3連勝で最下位を脱出した。2点を追う9回1死満塁から鈴木誠也外野手の中前への2点打で追いつくと、さらに満塁として、菊池涼介内野手が左前に決勝の2点打を放った。

 「みんながつないでくれて、まわってきたということは、あそこで打つしかない。挽回するチャンスをみんなが与えてくれたので」。菊池涼は3点リードの7回無死一、二塁の守備で、佐野の二ゴロを二塁へ悪送球。直後に塹江がオースティンに逆転満塁弾を浴びた。「僕のせいで(相手の)チャンスが広がってしまった。塹江がね…。ゲッツーを取ってあげられたら楽になる場面だった。ああいう形になって、プレッシャーをかけてしまった」。名手のまさかのミスが敗戦につながるところだったが、最後に汚名返上した。

 5回には左越えに自己最多となる15号ソロ。「それはそれでうれしいというのもあるけど、なんとかチームの力になれればね」と汗をぬぐった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請