【広島】森下暢仁また勝てず…自己最長7戦白星なし「しっかり反省して」

スポーツ報知
森下暢仁

◆JERAセ・リーグ DeNA8―10広島(26日・横浜スタジアム)

 広島・森下暢仁投手は6回6安打3失点。7試合連続で白星を逃し、自己最長を更新した。7回に林の7号ソロなどで味方が勝ち越し。一度は勝利投手の権利を手にしたが、2番手の塹江が7回にオースティンに逆転満塁弾を浴びた。

 自身は2回に牧の2ランで先取点を与え、味方が勝ち越した直後の6回に2死満塁を招き、代打・楠本に同点の押し出し四球。「しっかり反省して、また次に向けて頑張ります」と気持ちを切り替えた。

 東京五輪の決勝に先発して金メダルに貢献した右腕だが、後半戦の初勝利が遠い。佐々岡監督は「インサイドに投げ切れていないのがね。外、外になっているし、インコースに投げているのが、真ん中に入って打たれているのもあった」と指摘した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請