現役引退の高瀬慧、次世代へ「走りで気持ちを動かせる競技者になって欲しい」

スポーツ報知
高瀬慧

◆陸上 全日本実業団対抗選手権 最終日(26日、大阪・ヤンマースタジアム長居)

 12年ロンドン、16年リオの五輪2大会に出場した男子短距離の高瀬慧(富士通)が、1600メートルリレーで第3走者を務めて優勝に貢献し、現役生活のラストを締めた。

 長い現役生活を「ファンのみなさん、支えて下さるみなさんのおかげで自分達が成り立っていると思うので、記録より記憶に残る選手を目指したつもり」と振り返りつつ、次世代の選手へ「競技だけでなく、応援してもらったりとか、どれだけ自分の走りで気持ちを動かせるか。そういう競技者になってほしい」とエールを送った。

 今後は社業に専念するが、土日など休日を利用した後進の指導にも興味は抱いている。「指導はすごく責任あることなので、まずは知識や経験を積んでいきたい」と語っていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請