【ロッテ】28日にもマジック「18」点灯 小島和哉がチーム最多9勝で初2桁勝利に王手

スポーツ報知
 

◆パ・リーグ 西武4―8ロッテ(26日・メットライフ)

 ロッテの小島和哉投手が3四球と苦しみながらも6回4失点(自責2)でチーム単独トップの9勝目を上げた。

 「今日は本当にひどい内容だったので、打ってくれた野手とつないでくれた中継ぎに感謝したいです」。1点リードの2回2死一塁から山川にバックスクリーン右への逆転2ランを浴びると、同点に追いついた3回には1死一塁から中前安打と四球で満塁のピンチ。続く中村を空振り三振に打ち取るも、外崎、栗山に連続押し出しを許し2―4。悔しさから小島は思わずしゃがみ込んだ。

 それでも立ち直った4回以降はパーフェクト投球。6回4失点と納得のする内容ではなかったものの、チームは5回と7回に3得点を挙げ逆転。小島に白星がつき、チームトップとなる9勝目で自身初の2桁勝利にも王手をかけた。「モチベーションはすごく高まってはいます。でも本当に気持ちは変わらず、1イニングでも1つでも多く投げて中継ぎ陣を休められるように頑張りたい」と気を引き締めた。

 チームは2位・オリックスとのゲーム差を3とし、28日のオリックスとの直接対決に勝てば、ついに優勝マジック「18」が点灯する。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請