【オールカマー・敗者の弁】ステイフーリッシュは5着 横山和生騎手「いい内容だったのでは」

スポーツ報知
勝ったのはウインマリリン(カメラ・成海 晃)

 ◆第67回オールカマー・G2(9月26日、中山・芝2200メートル、良)

 16頭立てで争われ、2番人気に支持されたウインマリリン(牝4歳、美浦・手塚貴久厩舎、父スクリーンヒーロー)が横山武史騎手を背に、直線で追い出した途中で前が壁になったが、スペースができると再び加速し、後続に1馬身半差をつけて、重賞3勝目をつかんだ。天皇賞・秋(10月31日、東京)への優先出走権を手にした。勝ち時計は、2分11秒9。

 5番人気のウインキートス(丹内祐次騎手)が外から2着に差し込み、3番人気だったグローリーヴェイズ(ミルコ・デムーロ騎手)は勝負どころで外をまくって追い上げたが、さらに首差の3着だった。

 1番人気のレイパパレ(川田将雅騎手)は好位でレースを進めたが、4着に敗れた。

 横山和騎手(ステイフーリッシュ=5着)「いい内容だったのでは。道中はレイパパレの後ろを取れたし、3、4角でモタつくイメージがあって気を抜かせないようにしました。しまいも良く頑張っていた」

 大野騎手(サトノソルタス=6着)「スタートがひと息でしたが徐々にリズムに乗れました。坂を上がってもしぶとい脚を使ってくれた」

 戸崎騎手(ランブリングアレー=7着)「調子は良さそうでした。ゲートは出てくれたので、もう1列前で競馬していたら結果は違っていたかもしれませんね」

 柴田善騎手(アドマイヤアルバ=8着)「ジリジリと伸びているので、もう少し距離があってもいいのかも。もう少し気持ちを出して欲しいけどまずまずの内容だった」

 三浦騎手(ロザムール=10着)「自分のリズムで淡々と走れました。それでこの結果なので距離なのかもしれませんね」

 田辺騎手(ゴールドギア=11着)「行き脚がつかなくてグッとくるところがなかった」

 柴田大騎手(ソッサスブレイ=12着)「重賞の強いメンバーになると相手が強かったですね。距離は問題ありませんでした」

 内田騎手(ブレステイキング=14着)「3コーナーで勝ち馬の後ろにつけられたけど、そこからついていけなかった。休み明けだし次は良くなるでしょう」

 石川騎手(セダブリランテス=15着)「この前と違って控えるイメージで乗りました。思っていたより1列後ろになってしまった」

 長岡騎手(アールスター=16着)「外枠が厳しかった。外、外を回る形になってしまった」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請