【西武】渡辺勇太朗が浦和学院高の先輩・小島に完敗 5回途中5失点KOに「よくない流れを作ってしまった」

スポーツ報知
渡辺勇太朗

◆パ・リーグ ロッテ8―4西武(26日・メットライフドーム)

 西武は後半戦から先発ローテーションに定着した3年目右腕・渡辺勇太朗投手が5回途中5失点と踏ん張れず連敗。今季ワーストタイの借金11となった。

 浦和学院高(埼玉)の4年先輩にあたるロッテ・小島との投げ合いに臨んだ渡辺は「試合が始まれば、そのことを意識することはなかった」というものの、初回に先頭・荻野への四球をきっかけに失点すると、味方が逆転した直後の3回には自身の失策がからんで再び同点とされる苦しい立ち上がり。2点リードで勝ち投手の権利が目前だった5回にも、先頭の9番・加藤への四球をきっかけに3点を失い、再逆転を許した。

 後半戦2度目の黒星となる今季4敗目に、渡辺は「5回に先頭打者を四球で出してしまい、点を取られるような投球をしてしまったと思います。ボールが高くいってしまったところがありました。(失点した)1回と5回は先頭を四球で出してしまい、良くない流れを作ってしまったと思います」と反省。辻発彦監督も「(5回は)加藤への四球から。あそこでしっかり勝負できていれば…」と、打率1割台の9番打者に与えた四球をポイントにあげていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請