【神戸新聞杯】ステラヴェローチェ力走V 吉田隼人騎手「最後はばてばて。よくかわしてくれた」

スポーツ報知
ステラヴェローチェ(左)が、不良馬場をものともせず、ゴール前でレッドジェネシスを半馬身差交わす(カメラ・高橋 由二)

 ◆第69回神戸新聞杯・G2(9月26日、中京・芝2200メートル、不良)

 菊花賞トライアルは3歳馬10頭立てで争われ、2番人気に支持されたステラヴェローチェ(牡、栗東・須貝尚介厩舎、父バゴ)が吉田隼人騎手に導かれ、後方追走から直線に入ると力強く抜け出して、同じ不良だったサウジアラビアRC以来の重賞2勝目を飾った。勝ち時計は、2分18秒0。

 5番人気のレッドジェネシス(藤岡康太騎手)が半馬身差の2着に続き、8番人気だったモンテディオ(池添謙一騎手)がさらに3馬身離れた3着に粘った。上位3頭までに菊花賞(10月24日、阪神)の優先出走権が付与された。

 1番人気に支持されたダービー馬のシャフリヤール(福永祐一騎手)は直線で伸びを欠き、4着までだった。

 吉田隼人騎手(ステラヴェローチェ=1着)「こういう馬場で最後はばてばてになりましたが、よくかわしてくれました。前半のレースから馬場を意識して、力がある馬がいたので、どっちを通るのかなと見ていました。成長してくれましたし、何しろ馬場がステラヴェローチェに向いたと思います。どんな馬場でもダービー馬相手に頑張れる馬になってほしいですね。まだゆるさは残っていますが、体つきはごつくなりました。今日はゲートで子供っぽさを出していたので、まだまだ勉強するところはあります。無事前哨戦をこういう形で勝ってくれたので、次はどんな馬でもやってやるという気持ちで挑みたいと思います」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請