大谷翔平、98打点で100打点目前 2三塁打&2四球で2安打&3打点…7三塁打はリーグトップタイ

スポーツ報知
大谷翔平(ロイター)

◆米大リーグ エンゼルス14―1マリナーズ(25日・アナハイム=エンゼル・スタジアム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、本拠地のマリナーズ戦で「2番・DH」で出場。前日は大谷に4四球を出したマリナーズだったが、この日の先発左腕アンダーソンは初球から4連続ストライク。大谷はカウント0―2から内角球を右翼線に運び、一塁走者マーシュを還すタイムリー三塁打。3回無死一塁でも再び右翼線に適時三塁打を放って、今季7三塁打はリーグトップタイ。もし、本塁打王と三塁打王になれば1978年レッドソックスのジム・ライスとなる。

 打者一巡した2死満塁でも警戒され、押し出し四球で3回までで2打数2安打3打点。打点も98に伸ばし、松井秀喜選手以来の日本人100打点も目前だ。

 5回の打席も四球で4戦13四球の大リーグタイ記録だったが、6回の打席は左腕ドゥーリトルに空振り三振に終わった。3打数2安打3得点3打点で打率は2割5分7厘。

 26日(同27日)本拠最終戦となるマリナーズ戦での登板を前に、弾みをつける打撃内容だった。

 試合は14―1でエンゼルスが大勝した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請