【中京5R・2歳新馬】牝馬のトゥーサンが完勝 幸英明騎手「すごく乗りやすい馬」

スポーツ報知
危なげなく初勝利を収めたトゥーサン

 9月26日の中京5R・2歳新馬(芝2000メートル=11頭立て)は単勝5番人気のトゥーサン(牝、栗東・吉岡辰弥厩舎、父キタサンブラック)が好位から脚を伸ばす完勝でデビュー戦を飾った。単勝1番人気だったセレブレイトガイズ(牡、栗東・友道康夫厩舎、父ハービンジャー)は中団から伸びを欠き、7着に敗れた。勝ち時計は2分8秒6(重)。

 雨が降りしきるタフな馬場の中、前半1000メートルが67秒1の緩い流れ。その中で序盤こそダッシュがつかなかったが、楽に好位まで押し上げると、追ってからもしっかりと反応した。ラスト1ハロンで逃げるジャスティンエースをとらえ、最後は後方から2着のインプレスが脚を伸ばしてきたが、1馬身半差と全く危なげなかった。

 手綱を執った幸英明騎手は「すごく乗りやすい馬で、何の癖もなかったです。素質のある馬で、次も楽しみです」と評価。吉岡調教師は「牝馬でこういう条件(長距離)を勝てたことは大きいですね」と振り返っていた。今後は未定。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請