【ロッテ】チームの連敗を止めたドラ4河村説人は「強運男」 初勝利から3戦3勝

ロッテ先発の河村説人
ロッテ先発の河村説人

◆パ・リーグ 西武1―3ロッテ(25日・メットライフドーム)

 “強運男”がチームの連敗を止めた。先発のドラ4・河村が5回2/3を6安打1失点、111球の粘投で今季3勝目。プロ初先発初勝利の7月7日・ソフトバンク戦(ZOZO)から3戦3勝の負けなし右腕が3連敗中のチームを救った。

 「今までの登板で一番緊張感があった。とにかく負けなくて良かった」。初回にレアードの25号2ランを含む3点の援護をもらうと5回以外毎回安打を許しながらも、「カーブの感触がすごいよかった」と直球に加え115キロ前後のカーブを効果的に使い西武打線を翻弄。自己最長の6回に突入すると連打と四球が絡み1点を返され、なお2死満塁で交代となった。

 6回を投げきれず悔やんだが運の良さも魅力の一つ。「学生の時から味方がいつも打ってくれることが多い。結構勝ち運はある方かな」とニヤリ。1年目からV争いを経験していることも「本当に運が良くて良いチームに入った」と充実感を漂わせた。

 同い年で同郷出身、さらには大学中退から再入学を経てプロ入りした同じ境遇の日本ハム・伊藤の活躍にも刺激をもらい「優勝に貢献できないと意味がない。どういう状況でも自分の力を出せるように」と右腕。リーグ優勝へ、頼もしい“ラッキーボーイ”が現れた。(小田原 実穂)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請