【大学野球】東北福祉大・椋木蓮、ドラ1候補に急浮上!11球団26人のスカウト視察

スポーツ報知
5回ノーヒットに封じた東北福祉大の椋木

 仙台六大学野球秋季リーグ戦が開幕し、今秋ドラフト上位候補の最速154キロ右腕、東北福祉大・椋木蓮(4年)=山口・高川学園=が5回ノーヒット9奪三振の快投。11―0(7回コールド)で東北工大を下し、視察した11球団26人のスカウトに存在感を示し、1位候補に急浮上してきた。

 右腕をうならせた。打者1人目から149キロをマーク。初回の3者凡退でリズムを作ると140キロ台後半の直球とスライダーを軸に4回までパーフェクト。5回に死球を一つ与えたが、球数も58球にまとめた。

 巨人・榑松アマスカウト統括は、「スライダーと落ちるボールのキレがいい」と改善したスライダーを特に評価。中日・八木スカウトも「ドラフトは上の順位でかかる選手でしょう」と絶賛した。昨秋MVPの椋木は「去年はもっと真っすぐが生き生きしていた。試合に慣れていったらもっと良くなる」とさらなる快投へ意欲を燃やした。(小山内 彩希)

 ◆椋木 蓮(むくのき・れん)2000年1月22日、山口・山陽小野田市生まれ。21歳。高川学園高2夏に甲子園出場。同秋からエース。東北福祉大では1年春からベンチ入りし、同年の春季リーグ戦で公式戦デビュー。今年6月の全日本大学選手権で最速154キロを計測。リーグ戦通算13勝1敗。178センチ、84キロ。右投右打。家族は両親、兄、妹。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請