鳥栖、九州ダービーで福岡に0―3完敗 金明輝監督「情けない試合」「相手が恐れる攻撃できず」

スポーツ報知
鳥栖・金明輝監督

◆明治安田生命J1リーグ▽第30節 福岡3―0鳥栖(25日・ベスト電器スタジアム)

 鳥栖は福岡との九州ダービーで完敗し、目標のACL出場権(3位以内)進出へ手痛い黒星となった。

 前半41分、自陣からのゴールキックを相手DFに弾き返され、福岡FWフアンマに一発で裏をとられる軽率な形で先制点を献上。後半23分には攻勢に出た背後のスペースを突かれて追加点を与え、同ロスタイムにもダメ押し点を奪われた。

 攻撃陣も福岡の統制のとれた守備組織や個々の強度の高さに苦しみ、連係面に精彩を欠いて2試合連続無得点に終わった。

 パワハラ疑惑が浮上し、リーグ主導での調査が検討されている金明輝監督はベンチから指揮。試合後の会見では「情けない試合で申し訳ない。球際の部分で相手に上回られた。安パイ、安パイのポジションを取ってしまった、そんな印象です」と振り返り、「相手が恐れるような攻撃ができなかった」と肩を落とした。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請