オーガスタキャンプが無観客でオンライン開催 山崎まさよし「来年は有観客で会いましょう」

スポーツ報知
ライブに出演した(前列左から)山崎まさよし、杏子、秦基博、長澤知之、元ちとせ、あらきゆうこ、(後列左から)さかいゆう、岡本定義 、松室政哉、浜端ヨウヘイ、スキマスイッチの大橋卓弥、常田真太郎、竹原ピストル

 杏子、山崎まさよし、秦基博、スキマスイッチら「オフィスオーガスタ」所属のアーティストによる毎夏恒例のライブイベント「オーガスタキャンプ」が25日、オンラインで行われ、約1万人が視聴した。

 会場観覧とライブ配信の同時開催を予定していたが、コロナ禍の影響で、野外会場での有観客公演の中止を決定。昨年同様、屋内会場からの無観客配信ライブによる開催となった。山崎と杏子は「このような状況下で配信だけとなりましたが、その分アーティスト・スタッフ一同結束を高めて本日を迎えました。最後まで楽しんでください」と開催宣言をした。

 3部構成のライブの第2部では、デビュー15周年を迎える秦と長澤知之がコラボを披露。長澤、秦それぞれが、「虹が消えた日」「三月の風」などお互いの楽曲を歌い合いあった。今回のライブのために、2人で共作した新曲「CHERISH」も熱唱した。

 新曲について秦は「(長澤から)新曲を作ろうと誘ってくれた。断片をメールで送り合うことになったけど、僕がメールを送ったのを最後に全然音沙汰がなくて」と苦笑い。これに長澤は「秦くんがサウンドを入れてガッツリ曲を作ってきたので。こっちもちゃんと作って返そうと思ったら返事が遅くなってしまった」と申し訳なさそうに語っていた。

 ライブ終盤には、公演当日にデビュー26周年を迎えた山崎が、今月22日にリリースした新アルバム「STEREO 3」に収録された新曲「サイドストーリー」をライブ初披露。山崎は「最初はオンラインで無観客というのは戸惑った。打ち上げもできない。僕は打ち上げのために音楽をやっているのに!」と正直な気持ちを吐露。それでも「やまない雨はない。人類は困難を乗り越えて発展してきた。みんなで乗り越えましょう」と呼び掛けた。

 ライブの最後には、出演者全員で秦と長澤のデビュー15周年を祝った。来年の「オーガスタキャンプ」の開催も宣言され、山崎は「手を取り合って、来年こそは有観客で会いましょう」と意気込んでいた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請