横浜FC、意地の同点弾もダービーは勝ち点1止まり…残り8戦で残留圏と8差、指揮官「満足できない」

スポーツ報知
横浜FC・早川知伸監督

◆明治安田生命J1リーグ▽第30節 横浜FC2―2横浜FM(25日・ニッパツ三ツ沢競技場)

 横浜FCは横浜FMとの横浜ダービーで2―2で引き分けた。勝ち点1を積み上げたものの、順位は変わらず最下位のまま。8試合を残し、残留圏となる16位湘南との勝ち点差は8。

*  *  *

 2位の横浜FMを追い詰めたが、得た勝ち点は1にとどまった。

 立ち上がりから攻守に強度の高いプレーを発揮。効果的な斜めのパスや飛び出しで相手を揺さぶると、前半38分にはFWサウロミネイロが先制点を挙げた。

 しかし後半17分にPKから失点すると、数的優位の展開となった同32分に逆転ゴールを献上。GKブローダーセンが再三の好セーブを披露し、同44分にはサウロミネイロのこの日2点目となるゴールで追いついたが、結果は残留・優勝を狙う両チームにとって痛み分けのドローとなった。

 早川知伸監督は「勝ち点3を取れなかったことを本当に残念に思う。選手はアグレッシブに組織的にやってくれた。逆転されたあと、選手たちが集中を切らさず最後まで戦ったことで同点になったし、ファイトしてよくやってくれたと思う。ただ現実問題、この結果では満足することはできない」と語った。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請