貴景勝、照ノ富士の上手投げに屈し連敗 突き放せず「差したので、負けました」

スポーツ報知
照ノ富士(手前)は貴景勝を上手投げで下す

◆大相撲秋場所14日目(25日、東京・両国国技館)

 大関・貴景勝(常盤山)は結びの一番で、横綱・照ノ富士(伊勢ケ浜)に上手投げで敗れて6敗目。過去1年では3勝3敗(決定戦含む)としていた新横綱に敗れ、連敗となった。

 立ち合いから低く当たって攻めたが、膝を曲げた照ノ富士も圧力を受け止める。突き起こそうとしたところでもろ差しとなり、左で上手を取られ投げに屈した。取組後は「差したので、負けました。集中して準備はしましたけど。また明日があるので、一生懸命頑張ります」と語った。

 今場所をカド番で迎えたが、12日目に脱出。以降は黒星が続いたが、千秋楽の御嶽海(出羽海)戦に向け切り替える。今場所最後の一番に向け「15日間、同じ気持ちでやることです」と強調した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請