不破聖衣来、2位と20秒差 拓大の全日本大学女子駅伝出場権獲得に貢献

スポーツ報知
拓大・不破聖衣来

◇第39回全日本大学女子駅伝対校選手権大会関東学生陸上競技連盟推薦校選考会(25日、相模原ギオンスタジアム)

 全日本大学女子駅伝(宮城・仙台市、10月31日)への出場権を懸けた選考会が実施され、出場17チーム中、上位4チームに入った筑波大、拓大、順大、中大が出場権を獲得した。

 全3組の5000メートルトラックレースで、各校6名(各組2名ずつ)の合計タイムで争われ、1年生にして19日の日本インカレを制覇した不破聖衣来(せいら、拓大)は3組目にエントリー。スタートは集団の中間にいたが、1000メートル過ぎ、一気にスピードを上げた。集団から抜け出すともう止まらない。16分9秒96で2位に20秒差をつけてフィッシュ。圧倒的な強さで拓大の出場権獲得に貢献した。「不安もあったんですが、まずは自分の走りをしようと思っていました」と冷静に語った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請