【西武】初回の失点が響いて連勝ストップ 自力CS進出の可能性が再び消滅

1回1死一塁、平井克典から、左越えに25号2ランを放ったレアード
1回1死一塁、平井克典から、左越えに25号2ランを放ったレアード

◆パ・リーグ 西武1―3ロッテ(25日・メットライフ)

 序盤の失点が響いて、西武の連勝が2で止まった。

 3か月ぶりの先発となった平井は立ち上がりでつまずき、6回途中を4安打3失点。初回、先頭打者を四球で出塁させると、1死二塁から中村に中前打を浴びて先取点を献上。続くレアードにも2ランを被弾した。2回以降は修正して無失点投球を続けたが、「久しぶりの先発ということで、緊張もあったのか、初回は自分のリズムが作れずにバタバタしてしまいました。防げた3点だったと思います」と初回の失点を悔やんだ。

 前夜に2本塁打を含む10安打5得点だった打線だが、この日はロッテのドラフト4位ルーキー・河村を攻略できず、5回まで無得点。6回に山川の犠飛で1点を返し、なおも2死満塁としたが、代打・栗山が二ゴロに倒れ、追加点ならず。7回以降はロッテのリリーフ陣に三者凡退に抑えられた。辻監督は「(初回の)3点があまりにも痛かった。相手投手もそう対戦しているわけじゃないけど、的を絞りきれなかった」と落胆。チームは再び、自力CS進出の可能性が消滅した。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請