【巨人】戸田懐生が7回途中無失点 梶谷隆幸が猛打賞 2軍はDeNAに完封勝利

スポーツ報知
戸田懐生

◆イースタン・リーグ DeNA0―10巨人(25日・横須賀)

 巨人2軍はDeNAと対戦し、10―0で勝利した。

 先発した戸田は最速147キロの直球とカットボールやフォークなどの変化球を軸に6回1/3を2安打無失点と好投。「試合前に阿部監督からバッテリーのミーティングがありました。その中で喜多さんとしっかりデータを見直して、組み立てて、攻めの投球が出来たと思います。アピールしていく立場に変わりはないので今日のような投球を続けていきたいです」と振り返った。

 2番手・高木は7回1死から登板し、乙坂を二ゴロ、最後は倉本を右飛に仕留めた。8、9回は沼田、笠島が1イニングずつ投げて無失点と好リリーフした。

 打線は初回1死二、三塁から秋広のタイムリーで先制。2回は梶谷のタイムリーや広岡の2ランなどで4点を奪った。6回は相手のエラーで2点を加えると、8回にも広岡と秋広のタイムリーが飛び出して、16安打10得点とDeNAに大勝した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請