【DeNA】三浦大輔監督頭抱える5連敗「なんとかこの悪い流れを…」 好機生かせず5戦連続2得点以下

三浦大輔監督
三浦大輔監督

◆JERAセ・リーグ DeNA2―3広島(25日・横浜スタジアム)

 DeNAが広島に1点差で競り負けて、5連敗となった。自慢の打線が5試合連続2得点以下。8安打を放って6四球も選んだが、本塁が遠かった。

 1点を追う3回にオースティン、牧のタイムリーで逆転したが、5回に鈴木誠に適時二塁打を許して同点。6回には3番手・ピープルズが会沢に決勝の勝ち越しソロを浴びた。打線は4回以降、無得点。7回には先頭の代打・神里が四球を選ぶも二盗失敗。8回は1死一、二塁で牧、大和が凡退した。9回は守護神・栗林を攻めて1死一、二塁と好機を作るも、柴田が空振り三振、関根が遊飛に倒れてゲームセット。本塁が遠かった。

 三浦監督は「みんなで何とかしようとしましたけど、もう一本という所ですね」とガックリ。「(攻撃の)形は出来てももう1本という所で、得点に至らず。色々やっているけど今日も2点。なんとかこの悪い流れを止められるようにしたいです」と頭を抱えた。負ければ最下位に転落するあす26日広島戦(横浜)の先発は今永。指揮官は「今永があした連敗を止められるように頑張って行きます」と必死に前を向いていた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請