照ノ富士、史上9人目の新横綱Vへ単独先頭で千秋楽…1差の平幕・妙義龍と“一騎打ち”

スポーツ報知
照ノ富士(手前)は貴景勝を上手投げで下す

◆大相撲秋場所14日目(25日、東京・両国国技館)

 新横綱・照ノ富士(伊勢ケ浜)が、大関・貴景勝(常盤山)を上手投げで下して12勝目(2敗)を挙げた。優勝争いでは単独先頭を堅守。1差の平幕・妙義龍(境川)が3敗を死守したため、賜杯の行方は千秋楽へともつれ込んだ。

 妙義龍は、立ち合いで大関・正代(時津風)の左前まわしを引くと、一気に前に出た。寄り切りで11勝目。13日目に貴景勝を撃破しており、大関連破で初優勝に望みを残した。この日の取組後は「一生懸命やろうという気持ちでやりました。声援もらえることありがたいと思ってやっています。あすにむけて、しっかり準備していい相撲を取りたい」と力を込めた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請