【阪神】矢野燿大監督「遥人に任せようと思っていた」プロ初完封の左腕たたえる 一問一答

スポーツ報知
矢野監督とハイタッチする阪神・高橋遥人

◆JERAセ・リーグ 巨人0―3阪神(25日・東京D)

 阪神が高橋遥人投手のプロ初完封勝利で3位・巨人とのゲーム差を3に広げた。

 打線は菅野から0―0の7回に糸原が2号ソロを放って先制。8回には中野の2点二塁打で追加点を奪った。9回は高橋が1死満塁のピンチを背負ったが、丸を空振り三振、代打・亀井を右飛に仕留め、試合終了となった。

 試合後の矢野燿大監督の一問一答は以下の通り。

 ―最後はしびれるところ

 「いやもう、遥人(高橋)にもう任せるね、投球をしてくれていたんで。任せようと思っていたけどね。球数も増えてくるし、どうするかっていうのを、スアちゃん(スアレス)にももちろん準備をしてもらっていたし、そういうのは難しかったけど。遥人自身がね、丸を三振に取って、最後の最後で、まあそういう気持ちで、あとはもう応援するしかなかった」

 ―ピンチになっても高橋でという思い

 「いや全然まあ、自分の中で『行けるところまで遥人で行っていっていいんじゃないかな』っていう、まあまあ、心の中でまあ同点までは、やられ方というか取られ方にもよるんだけど、自分の中では『同点までは遥人に任せていいんじゃないかな』というふうに思わせてくれた投球やったんで。そう思いながら、でもどこでスアちゃんにスイッチするかっていうのは、頭にはもちろん考えてはいたけどね」

 ―高橋の投球は

 「申し分ないよね。同じ球種でも少し抜いたりとか、速くいったりとか。本当にボールを操っているという感じがすごくした。球の強さもあるから変化も鋭くなるし。それが三振の数に表れているしね。どの球種でも空振りを取れたと思う。真っすぐ、カット、スライダー、ツーシーム。ツーシームは抜いたやつもあるし。全部の球種で空振りを取れたと思うから。そうやって打者は的を絞られない。もちろん幅だって広がっちゃうし。そういうふうにある意味自在に操れてるなっていう感じに思ってたけどね」

 ―菅野に対しては

 「反省としてはやっぱり初回の拓夢(中野)のところでね、最近しっかり(犠打を)決めてくれていたんだけど、あそこでしっかり攻撃のリズムっていうか。そんなガンガン打ってっていうのは考えにくい、そういう状況では初回のところでリズムをつくりたかったなっていう反省はまああるけど。(7回に糸原)健斗が、本当追い込まれながらね、力と言うより完全に技で打った打撃だと思うんで。あれでもね、今日の遥人を見ていたら相手にはプレッシャーかけられる1点になったと思うし。もうちょっと早くはいきたいという反省はあるんだけれども。(8回は)拓夢も追い込まれてからよく打ったし、その前に遥人が投げる方だけじゃなくて、打つ方でもしっかり出るっていうね。それで、ずっと調子がいい近本がっていうところは、まあまあ、機能しているんでね。かえすところが何とか。ずっと同じなんだけど、かえせるというところが機能してくれば、もっともっと点が取れると思うんでね」

 ―高橋のいい投球でいうと梅野のリードも工夫していた

 「もちろん、もちろん。リュウ(梅野)も一生懸命、投げる前の指示というかジェスチャーであったり、そういうものも。この球場はどうしても、ホームランっていうのは捕手にはどこか頭をよぎるんで、そこもありながら、攻めるところはしっかり攻めて、かたくいくところはかたくいくっていう、すごくリュウが引っ張っていたというところもしっかりあったと思います」

 ―シーズン最終盤に高橋が帰ってきてくれたことは

 「もちろん終盤っていうか、もっと早く戻ってきてくれるに越したことないんだけど、アイツも一生懸命に何とかしようとしながらだったんで。それを分かっていたんで。その思いを投げるところで、本当にアイツ、おとなしいんだけど、マウンドに上がればいい意味で人が変わる。そういう気迫が出るんで。今日の打席でもそうだし。そういう部分でもチームに与える影響はある投手だなって。今後のうちにとっても大きいし」

 ―また明日が大事

 「昨日もみんなで、拓夢のああいうナイスプレーや坂本誠志郎のキャッチやみんなで何とかなんとかして引き分けて今日につなげられたんで。いつも同じになっちゃうけど、俺らの野球というのは全員でつなげてあきらめないとか積極性とかいろんなことが含まれているんだけど、そういうものを明日やり切るのが一番大事。明日もそういう野球をします」

DAZNでは伝統の一戦「巨人vs阪神」を全試合ライブ配信

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請