藤井聡太三冠が千田翔太七段に勝ってベスト4進出 将棋日本シリーズJTプロ公式戦2回戦

スポーツ報知
写真撮影に応じる藤井聡太三冠

 第42回将棋日本シリーズJTプロ公式戦の2回戦・藤井聡太三冠(19)=王位、叡王、棋聖=対千田翔太七段(27)戦が25日、東京都渋谷区のスタジオ「シャトーアメーバ」で行われ、先手の藤井三冠が113手で勝利し、準決勝に進出した。

 AI研究の第一人者同士の対戦は、藤井に軍配が上がった。現代居飛車における最先端の研究課題となっている相掛かりに誘導。角換わり模様に転化していく珍しい序盤になったが、藤井は先手の主導権を終始譲らなかった。

 一瞬のスキを見て敵陣に角を打ち込んだ前後の局面から形勢を握り、終盤はよどむことなく一気に寄せた。局後は「こちらが攻めていく展開になって、攻めが細いところはありましたけど最後はうまく攻めがつながりました」と振り返った。

 13歳の奨励会三段だった2016年5月、将棋ソフト研究の導入を藤井に勧めたのは千田だった。局後の会見で、当時の記憶について問われると「三段の時、関西将棋会館の棋士室で千田七段にお会いして、ソフトの導入方法を教えていただいたことは自分にとって大きな転機でした」と回想。さらに「千田七段に教えていただいてソフトを使えるようになったのは、自分にとってすごく幸運なことでした。かなり序盤に課題が多かったのですが、ソフトを使うことで三段リーグを戦っていく中で改善されていきました。幸運だったと思います」と語った。

 本局は四国大会として高松市での公開対局の形で行われる予定だったが、中止に。「やむを得ないとはいえ、残念なことだなと思っています。またどこかで公開対局が指せるような状況になればと思います」。準決勝は地元・名古屋市で開催される東海大会。永瀬拓矢王座(29)との一局になる。「永瀬王座との対戦ということで、大きな舞台で対局できるのはとても楽しみです。東海大会は名古屋で予定されており、私も(少年期に)子供大会に出場させていただきました。楽しみにしています」。初優勝を見据えている。

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請