金村義明さんが高橋に完封負けの巨人に「きょうは、しようがない。菅野は今年一番と言える気合の投球」リアルタイム解説

金村義明さんが伝統の一戦を解説
金村義明さんが伝統の一戦を解説

◆JERAセ・リーグ 巨人0―3阪神=試合終了=(25日・東京ドーム)

 巨人打線が阪神の先発、高橋遥人の前に完封負けを喫した。9回に連打などで1死満塁の反撃チャンスが訪れたが、決定打は出なかった。スポーツ報知評論家の金村義明さんが、試合の進行とともに解説。この日の試合は「高橋がお見事。巨人はきょうは、しようがない」と阪神の先発左腕を称えた。

 ゲーム差が3・5に広がった2位阪神と3位巨人。金村さんはあす26日の試合について「佐藤輝に注目。しっかりとタイミングが取れるようになったので、巨人は警戒せなアカン」とした。

◆試合経過&イニング解説

金村義明EYE 阪神先発の高橋は前回登板で今季初勝利を挙げたが、相手は中日だった。調子が上がってきた巨人打線相手に、同じような好投ができるか。坂本は絶好調だし、丸も昨日の一発で上向いてきそう。阪神・佐藤輝は、1軍復帰戦となった23日の試合を見てスポーツ報知で評論を書いたが、2軍で調整した効果が見られず、悪い状態のまま。巨人・菅野としては、近本から中野、マルテの1~3番に要注意だ。

【阪神スタメン】

1(中)近本、2(遊)中野、3(一)マルテ、4(三)大山、5(二)糸原、6(左)サンズ、7(右)佐藤輝、8(捕)梅野、9(投)高橋=左

【巨人スタメン】

1(二)吉川、2(右)松原、3(遊)坂本、4(三)岡本、5(左)ウィーラー、6(中)丸、7(一)中田、8(捕)小林、9(投)菅野=右

◇1回

【神】近本左中間二塁打、中野捕邪飛、マルテ中飛、大山二ゴロ

  • 1回無死二塁、中野のバント飛球を好捕する小林(手前は菅野=カメラ・泉 貫太)

    1回無死二塁、中野のバント飛球を好捕する小林(手前は菅野=カメラ・泉 貫太)

1回2死二塁、大山のニゴロでジャンピングスローする吉川(カメラ・中島 傑)
1回2死二塁、大山のニゴロでジャンピングスローする吉川(カメラ・中島 傑)

【巨】吉川二ゴロ、松原、坂本ともに三振(両軍0)

【金村義明EYE】 阪神・高橋はすごいわ。初回は完璧! 前回登板よりもエエわ。対して、菅野は付けいるスキがありそう。球のキレをあまり感じない。ただ、阪神は無死二塁から中野のバント失敗が…。昨日、守備でスーパープレーをしたけど、バントを打ち上げてしまうのは、プレーが軽い。2死二塁から大山の二塁間の深いゴロをアウトにした吉川はファインプレー。「打点1」の価値がある。

 ◇2回

【神】糸原二ゴロ、サンズ一飛、佐藤輝四球、梅野右飛

  • 力投する先発の菅野智之(カメラ・中島 傑) 

    力投する先発の菅野智之(カメラ・中島 傑) 

【巨】岡本和三ゴロ、ウィーラー二ゴロ、丸左前安打、中田三振(両軍0)

  • 2回2死、丸が左前安打を放つ(カメラ・相川 和寛)

    2回2死、丸が左前安打を放つ(カメラ・相川 和寛)

【金村義明EYE】 丸は間違いなく上向いてるな。左対左で難しい球やけど、うまく左前に打ち返した。ただ、それよりも、佐藤輝や。見違えるように良くなった。四球だったけど、ゆっくりと軸足に体重を乗せて、前半戦の良かった時のスイングになっている。何か月ぶりかで“雰囲気”を感じた。

◇3回

【神】高橋二飛、近本遊飛、中野三塁後方への二塁打、マルテ中飛

  • 3回表終了、ベンチ前でナインを迎える先発の菅野(カメラ・泉 貫太)

    3回表終了、ベンチ前でナインを迎える先発の菅野(カメラ・泉 貫太)

【巨】小林、菅野、吉川3者連続三振(両軍0)

◇4回

【神】大山二ゴロ、糸原遊ゴロ、サンズ左飛

【金村義明EYE】 菅野もさすがやな。相手を寄せ付けないような絶好調時の球ではないが、要所ではいい球を投げる。3回2死二塁でのマルテの中飛など、一瞬、いい当たりのように見えるが、真っすぐで押し込めている。

【巨】松原、坂本ともに三振、岡本和四球、ウィーラー右飛(両軍0)

  • 4回1死、空振り三振に倒れる坂本勇人(捕手・梅野=カメラ・相川 和寛)

    4回1死、空振り三振に倒れる坂本勇人(捕手・梅野=カメラ・相川 和寛)

◇5回

【神】佐藤輝、梅野、高橋3者連続三振

  • 5回無死、佐藤輝明が空振り三振に倒れる(捕手・小林誠司)(カメラ・相川 和寛)

    5回無死、佐藤輝明が空振り三振に倒れる(捕手・小林誠司)(カメラ・相川 和寛)

【巨】丸三振、中田二飛、小林遊ゴロ(両軍0)

【金村義明EYE】 佐藤輝は三振したが、やっぱり、いい時に近づいてきてる。怖さを相手に与える三振や。構えた時のグリップの位置も高く戻していて、近いうちに(本塁打が)ありそうや。0―0の展開でミスが勝負を左右しそう。その守りのミスが起きる可能性が高いのは、阪神の方かなぁ。

◇6回

【神】近本三振、中野捕ゴロ、マルテ三振

  • 6回無死、見逃し三振に倒れる近本光司(投手は菅野智之、捕手は小林誠司)(カメラ・泉 貫太)

    6回無死、見逃し三振に倒れる近本光司(投手は菅野智之、捕手は小林誠司)(カメラ・泉 貫太)

【巨】菅野三振、吉川二ゴロ、松原左飛(両軍0)

◇7回

【神】大山三振、糸原右越2号本塁打、サンズ左飛、佐藤輝二ゴロ

  • 7回1死、右越えに先制の2号ソロ本塁打を放つ糸原健斗(投手は菅野智之、捕手は小林誠司)(カメラ・泉 貫太)

    7回1死、右越えに先制の2号ソロ本塁打を放つ糸原健斗(投手は菅野智之、捕手は小林誠司)(カメラ・泉 貫太)

【金村EYE】 菅野はエアポケットに入った。高橋に負けじと気合い十分で好投してきたが、糸原に本塁打された1球だけは失投。内角球がシュート回転した。中軸を抑えた後に伏兵にやられる―。緊迫した試合でありがちな本塁打や。

【巨】(左翼島田)坂本右前安打、岡本和の三ゴロで坂本二封、ウィーラーの三ゴロで岡本和二封、丸左邪飛(神1、巨0)

◇8回

【神】梅野遊ゴロ、高橋左前安打、近本の右翼線二塁打で高橋三進、中野の左中間二塁打で高橋、近本生還、(投手デラロサ)マルテ一邪飛、大山のとき中野野選で三進、大山三振

  • 8回1死二塁、マウンドを降りる菅野智之(カメラ・中島 傑)

    8回1死二塁、マウンドを降りる菅野智之(カメラ・中島 傑)

デラロサ(カメラ・竜田 卓)
デラロサ(カメラ・竜田 卓)

【金村義明EYE】 菅野には、高橋の安打が痛かった。追い込んで、変化球で空振りがとれる、と投げた球だったと思うが…。これもエアポケットのようなもの。逆に、打った高橋は立派。三塁走者となってもゴロ(ファウル)でスタートを切っていた。高橋の気合いで奪った追加点だ。そして、2点二塁打の中野。初回のバント失敗を挽回した。このルーキーはミスをしても顔色一つ変えずに自分のプレーができる。本当に肝が据わっている。

【巨】(一塁大山、二塁木浪、三塁糸原)中田の遊ゴロを中野が失策(代走八百板)、小林の代打北村、デラロサの代打若林ともに三振、吉川の代打中島中飛(神2、巨0)

【金村義明EYE】 3点差のままなら、阪神ベンチは高橋と心中せなあかん。終盤になってもすばらしい球を投げている。9回も投げさせるべき。巨人としては、スアレスが出てきてくれた方が、少しはチャンスがありそうやけどな。

◇9回

【神】(投手高梨、捕手岸田、一塁北村、二塁若林)糸原三ゴロ、島田、佐藤輝ともに三振

【巨】(三塁小幡、左翼熊谷、右翼島田)松原二塁内野安打、坂本の三塁内野安打で松原二進、岡本和一飛、ウィーラーの右前安打で満塁(一塁走者代走増田大)、丸三振、高梨の代打亀井右飛(両軍0)

  • 9回無死一、二塁、好機で二飛に終わった岡本和真は渋い表情(投手は高橋遥人、捕手は梅野隆太郎)(カメラ・泉 貫太)

    9回無死一、二塁、好機で二飛に終わった岡本和真は渋い表情(投手は高橋遥人、捕手は梅野隆太郎)(カメラ・泉 貫太)

9回2死満塁、代打・亀井善行が右飛に倒れてゲームセット(カメラ・泉 貫太)
9回2死満塁、代打・亀井善行が右飛に倒れてゲームセット(カメラ・泉 貫太)

【金村義明EYE】 高橋がお見事。巨人はきょうは、しようがない。高橋に「ごめんなさい」や。でも、9回にあきらめずにチャンスは作った。岡本は最後まで打てる球がなくて一飛に打ち取られたけど、必死に食らいついてファウルで粘った。普通の投手なら追い詰められて、打たれていたんじゃないか。菅野の今年一番とも言える気合の投球も含めて、ナイスゲームだった。明日は佐藤輝に注目。しっかりとタイミングが取れるようになったので、巨人は警戒せなアカンと思うで。

DAZNでは伝統の一戦「巨人vs阪神」を全試合ライブ配信

金村義明さんが伝統の一戦を解説
1回無死二塁、中野のバント飛球を好捕する小林(手前は菅野=カメラ・泉 貫太)
1回2死二塁、大山のニゴロでジャンピングスローする吉川(カメラ・中島 傑)
力投する先発の菅野智之(カメラ・中島 傑) 
2回2死、丸が左前安打を放つ(カメラ・相川 和寛)
3回表終了、ベンチ前でナインを迎える先発の菅野(カメラ・泉 貫太)
すべての写真を見る 14枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請