池江璃花子、今夕のヤクルト戦始球式へ意気込み「移植から、今日で2年」「頑張ります!」

スポーツ報知
池江璃花子

◆JERAセ・リーグ ヤクルト―中日(25日・神宮)

 競泳女子の池江璃花子=ルネサンス=が、25日に行われるヤクルト―中日戦(神宮)で始球式を務める。池江はヤクルト本社の広告キャラクターを務めており、「ヤクルトマンナイター」と銘打って実施される。

 “登板”を前に池江は自身のツイッターに「移植から、今日で2年。この時のことを忘れちゃうくらい元気だけど、無理せずゆっくり進みます。そんな記念すべき日に始球式です!頑張ります!」と治療中の写真を掲載し、意気込みをつづった。

 池江は2019年に2月に白血病を公表したが、奇跡的な復活で今夏の東京五輪に出場した。昨年12月には、雑誌の企画で村上宗隆内野手との対談が実現。村上は「前を向いてやることの意味、続ける努力。水泳を好きなところだったり、見習ってやっていかないといけない」と刺激を受け、東京五輪では野球日本代表「侍ジャパン」の一員として悲願の金メダル獲得に貢献した。今夕は2人の共演にも注目が集まりそうだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請